タグ別アーカイブ: 妊娠中

妊娠中すると効果的なストレッチについて

妊娠してからは安静にする事が多くなるので運動をして体を動かす機会が減ってきてしまいます。

運動不足になってしまうと体に脂肪が蓄積されて太りやすくなってしまったり体内の老廃物が溜まりやすくなるので血行不良や便秘に悩まされる事もあります。
また体を動かさなくなる事で筋肉や関節が固くなってしまうので体の柔軟性も失われてきてしまいます。
運動不足になる事で体に支障が出てしまい赤ちゃんにも悪影響を及ぼしてしまうので注意が必要です。
妊娠してからだと激しい運動をする事は出来ませんが、ストレッチ程度の軽いものでしたら可能です。
そこで妊娠中すると効果的なストレッチについて見ていく事にしましょう。

妊娠中に首のこりが酷くなってしまうと体に疲労が溜まりやすくなります。それでつわりの症状も酷くなる事があるので妊娠中は首のこりを軽減していく事が大切になってきます。
首のこりに効果的なストレッチはあぐらをを組んだ状態で首を左右にゆっくり倒していくと首のこりも軽減されていきます。
また首を倒すだけではなく左右に回すのも交えながらしていくといいでしょう。

妊娠中になると子宮や卵巣周辺にすごく気を遣って生活するようになるので股関節が固くなったり腰痛が出やすくなったりしてしまいます。
股関節が固くなると次第に痛みが出るようになりますし腰痛になると姿勢が悪くなって赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまうのでしっかり対策していく必要があります。
股関節のストレッチは足を大きく広げて座り足首に手が触れるぐらいまで左右に体を倒していきます。
しかし固い状態で無理に倒してしまうと怪我をしてしまう可能性があるので自分の体に合わせた倒し方をしていくようにしましょう。
腰のストレッチは膝を揃えて曲げた状態にして仰向けになり足を左右交互にゆっくり倒していきます。
それで腰の筋肉が少しずつほぐれていくので腰痛を軽減していく事が出来て姿勢が良くなっていきます。

妊娠中は日常生活の中で気を遣う事が多くなるのでストレスが溜まって腸内環境が悪化してしまう事があります。
腸内環境が悪化してしまうと便が腸に溜まりやすくなるので便秘になってしまう事も少なくありません。
そこで便秘を解消していくためのストレッチの方法は仰向けの状態で両膝を折り曲げて両手で抱えて息を吐きながら上半身を少しずつ起こしていきます。
お腹に負担がかからない事に注意しながらストレッチしていくと全身をリラックスさせる事が出来るのでストレスが発散されて腸内環境も整ってきます。しかしお腹に張りを感じたりした時はやらないようにしましょう。

妊娠中のストレッチは単発ではなく毎日続けていく事が大切になってきます。
妊娠中は忙しくてなかなか時間が取れない事も多いですが、少ない時間でもいいのでストレッチをするようにすると体調も良くなってくるので赤ちゃんにも良い影響を与える事が出来ます。
妊娠中に体調をしっかり維持していくためにも毎日ストレッチを取り入れてみるといいでしょう。

妊娠中の骨盤の広がりと、広がりによる影響とは

妊娠中には骨盤は通常よりも広がりやすい状態となっています。これは出産に向けて骨盤の特に下の方を広げて赤ちゃんが出てきやすい状態にするためなのですが、骨盤周りの筋肉が靭帯が広がってくることによって、体に様々な影響が出てきます。

1.骨盤が広がることによるトラブルとは
骨盤が広がっていくことによって、妊娠中には様々なトラブルに見舞われることがあります。
尿漏れ、頻尿、恥骨痛み、腰痛、便秘などが主なものなのですが、妊婦さんにとっては辛く感じます。

私も妊娠中には骨盤が広がることによって様々なトラブルに見舞われました。
妊娠後期からは特に変化を感じやすくなり、頻尿、腰痛、足の付け根の痛みが起こりました。

一人目の時にはこういった体の変化が初めてだったのでとまどいを感じましたが、同じ時期に妊娠している友達達と話をしているとみんな同じような
変化に悩まされているとわかり、自然な変化なのかという風に納得ができました。
二人目の時にはもうこうなるかなということが予測できていたので、落ち着いて対応できました。

2.骨盤の広がりによるトラブルを軽減させるためには
妊娠中は骨盤が広がっていくことはある程度仕方がないですし、それによるトラブルも全て避けるということは難しいです。
しかし普段の生活の中で気をつけて、軽減することはできます。

骨盤の広がりによるトラブルを軽減するためには、お腹が膨らみ始めた妊娠中期頃から骨盤をしっかりと固定するようにベルトを
巻くようにしましょう。ベルトを巻くことによって、動きやすくなりますし、痛みなどがある場合にはその改善にも役に立ちます。

腰痛、足の付け根の痛みなど痛みがある場合には、その部分を温めるということも効果的です。
お風呂にゆっくり使って痛い部位をマッサージしてみましょう。
また日常生活の中で、体を冷やさないように意識して生活をしましょう。

3.産後も骨盤のトラブルに悩まされないために
妊娠中に骨盤が広がりすぎる、骨盤がゆがんでしまうという状態が起こると、産後も色々と体のトラブルに見舞われてしまいます。
骨盤が広いと安産などと言われていますが、広がりすぎてしまうと脂肪がつきやすくなりいわゆる産後太りということにもつながりますし、
産後の恥骨の痛みなどにつながります。

なかなか広がったりゆがんだ状態を戻すのに時間がかかるので、妊娠中からしっかりと気をつけて対策をしておくことが大事になってきます。

私は骨盤が広がるにつれて色々な部位の痛み、頻尿などのトラブルに見舞われて、妊娠中の体は不自由だなということを実感しました。
ただある程度は赤ちゃんが産まれてくるための準備段階として仕方がないと思い、気持ちを前向きに持つように心がけました。
同じような症状であっても、気持ちをどう持つかということで全然違ってきます。

トラブルを軽減するためにベルトで固定すること、温めること、マッサージなどをした上で、ある程度は仕方がないと受け止めて生活することも大事です。
症状により日常生活に支障が大きく出ている場合には、妊婦健診の際などに医師や助産師さんに相談をするようにしましょう。