カテゴリー別アーカイブ: ストレッチ

妊娠中すると効果的なストレッチについて

妊娠してからは安静にする事が多くなるので運動をして体を動かす機会が減ってきてしまいます。

運動不足になってしまうと体に脂肪が蓄積されて太りやすくなってしまったり体内の老廃物が溜まりやすくなるので血行不良や便秘に悩まされる事もあります。
また体を動かさなくなる事で筋肉や関節が固くなってしまうので体の柔軟性も失われてきてしまいます。
運動不足になる事で体に支障が出てしまい赤ちゃんにも悪影響を及ぼしてしまうので注意が必要です。
妊娠してからだと激しい運動をする事は出来ませんが、ストレッチ程度の軽いものでしたら可能です。
そこで妊娠中すると効果的なストレッチについて見ていく事にしましょう。

妊娠中に首のこりが酷くなってしまうと体に疲労が溜まりやすくなります。それでつわりの症状も酷くなる事があるので妊娠中は首のこりを軽減していく事が大切になってきます。
首のこりに効果的なストレッチはあぐらをを組んだ状態で首を左右にゆっくり倒していくと首のこりも軽減されていきます。
また首を倒すだけではなく左右に回すのも交えながらしていくといいでしょう。

妊娠中になると子宮や卵巣周辺にすごく気を遣って生活するようになるので股関節が固くなったり腰痛が出やすくなったりしてしまいます。
股関節が固くなると次第に痛みが出るようになりますし腰痛になると姿勢が悪くなって赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまうのでしっかり対策していく必要があります。
股関節のストレッチは足を大きく広げて座り足首に手が触れるぐらいまで左右に体を倒していきます。
しかし固い状態で無理に倒してしまうと怪我をしてしまう可能性があるので自分の体に合わせた倒し方をしていくようにしましょう。
腰のストレッチは膝を揃えて曲げた状態にして仰向けになり足を左右交互にゆっくり倒していきます。
それで腰の筋肉が少しずつほぐれていくので腰痛を軽減していく事が出来て姿勢が良くなっていきます。

妊娠中は日常生活の中で気を遣う事が多くなるのでストレスが溜まって腸内環境が悪化してしまう事があります。
腸内環境が悪化してしまうと便が腸に溜まりやすくなるので便秘になってしまう事も少なくありません。
そこで便秘を解消していくためのストレッチの方法は仰向けの状態で両膝を折り曲げて両手で抱えて息を吐きながら上半身を少しずつ起こしていきます。
お腹に負担がかからない事に注意しながらストレッチしていくと全身をリラックスさせる事が出来るのでストレスが発散されて腸内環境も整ってきます。しかしお腹に張りを感じたりした時はやらないようにしましょう。

妊娠中のストレッチは単発ではなく毎日続けていく事が大切になってきます。
妊娠中は忙しくてなかなか時間が取れない事も多いですが、少ない時間でもいいのでストレッチをするようにすると体調も良くなってくるので赤ちゃんにも良い影響を与える事が出来ます。
妊娠中に体調をしっかり維持していくためにも毎日ストレッチを取り入れてみるといいでしょう。